その中心人物とされたのが、バーニングサンの取締役を務めていたV.Iことイ・スンヒョン(30)